個人情報の保護に関する基本方針  
日本カメラ社は、以下の方針に基づいて個人情報を適正に取得、利用、管理し、情報流出などを防止して個人情報の保護に努めます。
1)個人情報の取得について
利用目的を明確にしたうえで、必要とする範囲内に限り、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。
2)個人情報の利用について
個人情報を取得する際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上、必要な限りにおいて利用します。目的外で利用する場合は、本人に通知し、同意を得ます。
3)個人情報の第三者提供について
取得した個人情報は、適切に管理し、個人情報保護法に定める例外事項を除き、本人の同意を得ることなく、第三者に提供、開示しません。
4)個人情報の開示・訂正・削除・利用停止について
本人から自己の個人情報について、開示・訂正・削除・利用停止などの申し出を受けた場合は、担当窓口が対応し、本人確認や所定の調査をした上で、すみやかに必要な措置をとります。
5)個人情報の管理について
個人情報の紛失、流出、改ざんおよび漏洩などを防ぐため、個人情報を保有する各部門で業務に応じ、適正な安全管理対策を講じます。データ取扱担当者は特定し、個人情報保護の意思徹底を図ります。
6)組織・体制について
個人情報を取り扱う各部門の自主管理を基本とし、個人情報管理責任者、個人情報管理者を置いて、適正な管理を実施します。
7)法令等の順守について
個人情報保護に関して適用される法令、国のガイドラインを順守します。
8)継続的見直し改善について
当社は、個人情報の取り扱い方を必要に応じて見直し、改善して参ります。最新の内容は常時、このページに表示しておりますので、ご確認ください。
平成18年2月16日