PAGE TOP

茶馬古道

発売日 2012/11/06 (火)
本体価格:3,800円(税込4,180円)
ISBN:978-4-8179-2140-6
ページ数:120P
サイズ:四六判変型
在庫がありません
 茶馬古道(ちゃばこどう)とは、8世紀中頃から始まった交易ー雲南省で取れた茶をチベットへ運び、帰りには馬を連れて帰るーの路で、多くの少数民族が暮らす地域を縫うように続いています。

 茶馬古道は、雲南ー西蔵ルートと四川ー西蔵ルートに分けられますが、著者の加賀さんはこの古道を中国内は全行程、そしてネパールの首都カトマンズまでの撮影行を計画しました。中国内の事情によって、すべてのルートを走破することはできませんでしたが、数回に分けて訪れ、交易路の面影、少数民族の生活・信仰・文化などに触れ合いカメラを向けました。

 最初にいったときに見た風景が、今はもう撮影できないほど激しく変貌する中国の姿を活写した力作をぜひご高覧下さい。

関連書籍