PAGE TOP

写し方見本帳 朝昼晩

発売日 2016/08/31 (水)
本体価格:1,600円(税込1,760円)
ISBN:978-4-8179-43
雑誌コード:66969-18
ページ数:112P
サイズ:B5判

被写体は身近にあり
ありふれた光景が作品に
撮影チャンスは日に三度あり
小誌の四人の著者は掲載作品の多くを居住地の近くで写しています。有名な観光地・撮影地で美しい風景を写すのはもちろん楽しいことですが、思わず写したくなる風景・光景は、身近にもたくさんあります。ありふれた凡景が、目の覚めるような姿を見せてくれる瞬間があるのです。
「遠くの美景より近くの凡景」
小誌を参考に、身近にあるシャッターチャンスをとらえる楽しみを味わって下さい。

撮影・解説:
石川松五郎/加賀淺吉/桐生茂生/山内憲章


【朝】
東からの低い斜光線に風景がよみがえる

・岩礁の上に天の川が踊る夜明け前の光景をとらえる
・朝焼けの空に飛び立つ野鳥のシルエットを浮かび上がらせる
・日の出に合わせて、日本の山里風景を描く
・「流氷の海にたたずむ尾白鷲」の姿をとらえる

関連書籍