PAGE TOP

【ニュース】『谷中レトロカメラ店の謎日和』シリーズ最新作発売&コラボレーション展が開催

10月は柊サナカ祭り!


『谷中レトロカメラ店の謎日和 思いをつなぐレンズ』(宝島社文庫)

月刊日本カメラで『柊サナカのカメラ沼~小説家も歩けば沼に落ちる~』を好評連載中の柊サナカさんによる人気小説『谷中レトロカメラ店の謎日和』シリーズの最新作『谷中レトロカメラ店の謎日和 思いをつなぐレンズ』(宝島社文庫)が発売された。
また、発売を記念した本作とのコラボレーション展、「小説のなかのカメラ 『谷中レトロカメラ店の謎日和』より」が日本カメラ博物館にて、2020年10月13日(火)から2021年1月31日(日)までの期間で開催される。
本展示では、作中に登場したライカIIIf、ゼンザブロニカS2、プラウベルマキナ67など個性的なカメラを小説内の一文と共に紹介し、カメラの魅力と小説の世界をリンクさせた展示を行っている。
さらに、日本カメラ博物館限定で特別書き下ろしの『谷中レトロカメラ店の謎日和』ショートストーリー「勇者のなり方、教えます」が販売となる。



2020年10月13日(火)~2021年1月31日(日)10:00~17:00
会場:日本カメラ博物館
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
年末年始休館 2020年12月26日(土)~2021年1月4日(月)
入場料:一般 300 円、中学生以下 無料、団体割引(10名以上)一般 200 円
〒102-0082
住所:東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル B1F
URL:日本カメラ博物館


【著者プロフィール】
柊サナカ
1974年、香川県生まれ、兵庫県育ち。神戸女子大学文学部卒業、姫路獨協大学大学院言語教育研究科日本語教育専攻修了。日本語教師として7年間の海外勤務を経て、第11回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉として、『婚活島戦記』にて2013年デビュー。他の著書に「谷中レトロカメラ店の謎日和」シリーズ、『人生写真館の奇跡』(以上、宝島社)、「機械式時計王子」シリーズ(角川春樹事務所)、「二丁目のガンスミス」シリーズ(ホビージャパン)など。

柊サナカさん連載中の『柊サナカのカメラ沼~小説家も歩けば沼に落ちる~』が読める月刊日本カメラはコチラ


関連記事